へやみけ

へやみけについて

当サイト【へやみけ】をご覧いただきありがとうございます。【へやみけ】は、様々な角度から生活に役立つお得な情報や、あまり知る機会が少ない不動産に関する情報を発信する生活応援サイトです。 閲覧して頂いた方々がこの記事をご覧になり、これから先の快適な環境を築いて頂ければ何よりです。日常生活で活用できる情報を掲載するサイトでもあるので、皆さまの求めるテーマで記事を書いて、あらゆるジャンルの情報をご提供していきます。 また、不動産の情報については、あくまで個人的に感じた評価なので、参考程度に考えて頂ければと思います。 皆さまが物件探しをする際に不動産の情報に詳しければ、より良い不動産探しが出来るでしょう。皆さまの暮らしを応援するべく、【へやみけ】は常にためになる情報発信を心掛けて、サイトを運営しております。

「へやみけ」の記事PICKUP!

アパート管理を依頼
アパート管理を依頼する場合、必ずしも大手が良いとは言えません。また、どんな不動産屋でも免許番号というのがあり、「東京都知事(5)○○○○○号」と書いてあれば、括弧内の数字は宅地建物取引業免許の更新の回数を示していますので、この数字が、たとえば(10)を超えていれば、かなり昔より営業している不動産屋ということになります。また、東京都知事免許と書いてある場合、都内にしか支店がないことを示します。本店の支店が県外にまたがっている場合は、国士交通大臣(※)○○○○○と書いてあります。全国に支店がある場合、もちろん国土交通大臣免許と書いてあります。免許番号は法律上、店内に掲示しなければならないため、必ず見えるところに書いてあります。また、免許番号はたいがいの場合、ホームページにも書いてありますので、見てみてください。また、アパート管理をしてもらうには、不動産屋を利用することが適しており、不動産屋を探す場合、まず自分のアパートから近いほうが入居者募集の際、有利になります。

最新更新記事

平成26年11月26日新着!
アパート管理を依頼
平成26年11月25日PICKUP
コミュニケーションも不十分

スラブ厚で違ってくるマンションの良し悪し

スラブ厚にはその厚さによって、遮音性がまったく違ってくるという面があります。これは当然ながらスラブだけではなく、床の工法でも「遮音性」は変わってくることは、スラブが13センチと20センチでは、明らかに後者の方が厚さの点で差がついて、良いには決まっているわけで、それの効果は明確に出ていることなのです。現在では一般的に、いくらスラブが薄くても、18センチが必要と言われています。もっと言うならば、20センチあれば問題はありません。さらに、超高層などとなりますと、25センチのスラブ厚を確保し、建物の構造的な安全性や床の遮音性を保っているのです。そのために、最近では、このスラブの問題が注目を集めているわけです。それはそれなりに、建築学的にも裏付けのあることで、マンションの価格や見栄えが良くても、この問題で疑問がある物件は、避けなければならないことなのです。ここに上げたスラブと遮音性の関係は、良く頭に入れて、物件の選択や自分が建設をする時でも、注意しておかなければならないことなのです。これからのマンションの獲得は、買う側が知識武装することが大切なのです。知識を養ってからのマンション購入はこれからの生活をする家を決める上で必要です。

窓のサッシの厚さは遮音性に比例する

マンションの遮音性ということでは、コンクリートスラブの問題だけではありません。音は、上階からだけではなく、窓からも当然ながら入ってきます。マンションの立地が住宅地の中であれば問題はありません。しかし、大きな道路に面しているところも多くありますので、当然ながら音の問題は起きてきます。その場合に、防音という点から言うならば、次のような窓の違いに注意が必要です。【①普通のサッシ②防音サッシ③二重サッシ】このように三つの種類があるわけですが、普通の静かなところなら、防音対策は当然ながらいりません。しかし、次のようなところでは、ぜひとも、防音サッシ、二重サッシを装備すべきです。もし、そのような配慮のないマンションならば手を出すべきではありません。【①高速道路の近く②電車の線路際③車の多い幹線道路際④学校がありうるさいところ⑤工場の騒音のあるところ】私たちの生活に関しては、音の問題は、思いのほか気にかかります。精神的にもさまざまな影響を受けますので、できれば二重サッシくらいのものは必要です。二重サッシであると普通より大きな声で話すくらいの60デシベルの音を小さなささやき声に値する27デシベルまで遮るという効果があります。

おすすめの記事!

おすすめ記事 おすすめ度 説明!
ここから知識を身につける ✦✦✦✦✦✦✧✧✧✧ 不動産ノウハウ

このページの先頭へ