不動産の悩み解決!部屋探しの成功のカギ!へやみけ

平成30年9月最新記事PICKUP!

床のリフォームにかかる費用や床材の選び方について
【床のリフォームで快適な住まいを実現する方法】 床のリフォームと聞くと、どのようなイメージを持ちますか? 床は家の中で最も目につきやすく、触れる機会も多い部分です。 そのため、床の状態は住まいの印象や快適さに大きく影響します。 しかし、床は日常的に歩いたり、家具や物を置いたりすることで、傷や汚れがつきやすく、劣化も進みやすい部分でもあります。 そこで、床のリフォームを行うことで、快適な住まいを実現する方法についてご紹介します。 <床のリフォームのメリットや必要性> 床のリフォームを行うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか? まず、床のリフォームは、住まいの見た目を大きく変えることができます。 床材の色や柄、質感などを変えることで、部屋の雰囲気や明るさを変えることができます。 また、床材によっては、断熱性や防音性などの機能性も向上させることができます。 例えば、カーペットやフローリングなどは、冬場に足元が冷えにくくなりますし、階下への音も軽減できます。 さらに、床のリフォームは、清潔さや衛生面も改善することができます。 古くなった床材は、傷や汚れが目立ちやすく、掃除もしにくくなります。 また、カビやダニなどのアレルギー原因物質も繁殖しやすくなります。 これらを解消することで、健康や快適さにもプラスになります。 <床のリフォームにおける床材の種類や選び方> 次に、床のリフォームにおける床材の種類や選び方についてご紹介します。 床材には様々な種類がありますが、大きく分けると以下のようなものがあります。 ☆フローリング★ ・木材や合板などを貼り合わせた板状の床材です。 ・自然な木目や色合いが魅力的で、高級感や温かみを感じさせます。 ・耐久性や耐水性に優れており、メンテナンスもしやすいです。 ・種類も豊富で、無垢材や集成材、突板貼り合板などがあります。 ・床暖房にも対応しています。 ☆カーペット★ ・繊維素材を織り込んだ布状の床材です。 ・柔らかくて肌触りが良く、足元が暖かくなります。 ・防音性や断熱性に優れており色や柄のバリエーションが豊富で、部屋の雰囲気を変えることができます。 ・汚れや傷に弱く、カビやダニなどの発生に注意が必要です。 ・掃除は掃除機やブラシなどで行いますが、定期的に専門業者によるクリーニングが必要です。 ☆クッションフロア★ ・ビニールや合成樹脂などを主成分とした薄いシート状の床材です。 ・耐水性や耐汚染性に優れており、水回りや子供部屋などに適しています。 ・柔らかくて歩きやすく、衝撃や音も吸収します。 ・木目や石目などの模様が施されており、見た目も自然で美しいです。 ・貼り替えもしやすく、費用も安いです。 ☆タイル★ ・磁器や陶器などを焼き固めた平板状の床材です。 ・耐久性や耐火性に優れており、長持ちします。 ・水や汚れに強く、清潔さや衛生面にも優れています。 ・硬くて冷たいので、足元が冷えやすくなります。 ・色や形の種類が多く、モザイクタイルなどでオリジナリティを出すことができます。 床材の選び方は、以下のようなポイントに注意してください。 ☆部屋の用途や雰囲気に合わせる★ ・床材は部屋の用途や雰囲気によって適したものが異なります。 ・例えば、リビングや寝室などはフローリングやカーペットなどの温かみのある床材がおすすめです。 ・キッチンやバスルームなどはクッションフロアやタイルなどの耐水性の高い床材がおすすめです。 ☆床暖房の有無に合わせる★ ・床暖房を使用する場合は、床材によっては熱による変形や劣化が起こる可能性があります。 ・例えば、カーペットは熱で溶けたり燃えたりする恐れがありますし、タイルは熱で割れたり浮いたりする恐れがあります。 ・床暖房に対応した床材を選ぶか、床暖房を使用しない部分に床材を貼るようにしましょう。 ☆費用やメンテナンスの負担に合わせる★ ・床材は費用やメンテナンスの負担によっても選び方が変わります。 ・例えば、フローリングは高級感がありますが、費用も高く、傷つきやすいですし、定期的にワックスがけなどが必要です。 ・クッションフロアは安価で貼り替えもしやすいですが、見た目が安っぽくなることもありますし、切れたり剥がれたりすることもあります。 <床のリフォームにかかる費用や期間の目安> ☆費用★ ・床材の種類や品質、面積や形状、施工業者などによって異なりますが、一般的には1平方メートルあたり1万円から3万円程度が相場です。 ・床材以外にも、下地処理や廃材処分などの費用もかかりますので、見積もりを取る際には詳細に確認しましょう。 ・費用を抑える方法としては、床材の種類や品質を見直すことや、施工業者を比較することが挙げられます。 ☆期間★ ・床材の種類や面積、施工業者などによって異なりますが、一般的には1日から3日程度で完了します。 ・床材の貼り替えだけでなく、下地処理や廃材処分などの作業も必要ですので、事前にスケジュールを確認しましょう。 ・期間を短縮する方法としては、床材の種類や面積を減らすことや、施工業者の手配を早めることが挙げられます。

最新コラム!2018年9月

平成30年9月1日新着!
日本の美、千葉の美
2018-09-01更新の日記image
<花の里・房総で伝統を守る――日本的習慣に立った住宅建築>初詣は船橋大神宮に参拝し、それから成田山新勝寺へ。恒例のことですが、正月に神社仏閣をお詣りしないと、心がすっきりしません。別に信仰心に厚いのでもなく、宗
平成30年9月2日PICKUP
雪は先生である
2018-09-02更新の日記image
<温暖な千葉に「招かざる客」――忍耐をもって早急・適切な対応を>近年では珍しく、千柴の里に大雪が降った。1月末は大寒であるから雪が降ってもおかしくないが、大雪となると話は別。例年なら降雪から2、3日もすると雪が
平成30年9月3日更新
集客のシーズン
2018-09-03更新の日記image
<状況に流され崩れる中小業者――意外性と流動性にドギマギの連続>毎年同じだが、賃貸業者にとって住居の移動の多い1月中旬から4月中旬の3ヵ月間は、稼ぎどきのシーズンまっ盛りである。この時期にしっかり稼いでおかない
平成30年9月4日最新情報
房総の花を飾ってひと儲け
2018-09-04更新の日記image
<心を穏やかに豊かにする花々――弾む会話が売り上げ増につながる>私の不動産事務所兼用の店舗には、いつも花や青葉を飾っている。無味乾燥で固いコンクリートや分刻みの忙しい生活をしている都会人には、心を癒す季節のもの
平成30年9月5日NEWS
来店客に見る店内風景
2018-09-05更新の日記image
<国際色豊かで千差万別な交渉――行司役も我々の役割の一つ>平成の時代に入ると、大勢の日本人が外国で暮らし、多数の外国人が日本で暮しているのが、あまり気にならなくなった。それだけグローバル化したといえば格好良いが
平成30年9月6日新着!
決算期に思うこと
2018-09-06更新の日記image
<汗と涙、闘志と研鑚の足跡――黒字目標も、多忙な3月に重い負担>不動産業者にとって3月は特別な時期であり、賃貸シーズンのまっさかりであると同時に、3月末で決算をする会社も多い。普段の3倍以上も忙しい時に、何故決
平成30年9月7日PICKUP
住まいと文化
2018-09-07更新の日記image
<住む人で住まいは変わる――家を世話する仕事に大きな意義私達が業いとしている住宅産業・不動産業の仕事は、文化に密接に関わっており、重要な仕事でもある。文化というと大げさに聞こえるが、人が住み、生活し、活動した所
平成30年9月8日更新
桜をめでれば売上も上がる
2018-09-08更新の日記image
<身近な話題で話を"咲かす"――警戒心がほぐれて物件が決まることも>日本の象徴である桜の花は、パッと咲いてサッと散る潔い花として有名。その華艇さと思い切りの良さは、武士道の心にマッチするものとして、昔から愛され
平成30年9月9日最新情報
部屋探しに物おじしない若者
2018-09-09更新の日記image
不景気知る40代は「じっと動かず」>不動産の業は売る人買う人、貸す人借りる人があっての商売であるから、顧客は大切である。顧客がなければ契約は成り立たないし、いくら良い物件を揃えても、いくらまじめに働いても、利益
平成30年9月10日NEWS
たった一つの金メダル
2018-09-10更新の日記image
<不動産業を「一番良い業界」に――知恵と勇気、克己心で地位向上を>誰でも優勝をめざして競技をする。同じように、誰でも利益を出して黒字にするために会社を経営する。オリンピックは速さと技を競う競技であるが、メダルを
平成30年9月11日新着!
孫子の兵法は通用するのか
2018-09-11更新の日記image
<小さい業者も勝つ手はある――「彼を知り己を知る」心構えで>最近の数年間はハイテクの時代となり、新しい知恵や対処法がないとうまく対応できないが、かといってこれといった理論もない。どうやったら仕事や商売の心構えが
平成30年9月12日PICKUP
建売住宅は圧倒的にコスト面で有利
2018-09-12更新の日記image
ここまで建売住宅の全体的な質の向上について述べてきました。ここからは注文住宅と比較して、建売住宅のメリットとデメリットについて掘り下げていきます。まず、誰もがイメージすることだと思いますが、建売住宅はコスト面で
平成30年9月13日更新
分譲建売住宅なら理想的な生活環境が同時に手に入る
2018-09-13更新の日記image
建売住宅ならではのメリットには、「環境が手に入る」という点があります。注文住宅の場合は、どこかにI軒分の土地を買って家を建てることになりますから、どこに買うかによって周辺の環境が大きく変わります。周囲にどんな人
平成30年9月14日最新情報
建売住宅と注文住宅のイイトコ取り「売建住宅」
2018-09-14更新の日記image
「売建住宅(建築条件付き売地)」とは、あらかじめ施工会社が決まっている土地を購入し、家を建てる住宅をいいます。簡単にいえば、建売住宅と注文住宅のイイトコ取りをした住まいです。住宅会社にもよるのですが、分譲の建売
平成30年9月15日NEWS
土地を探すのは意外と苦労が多い
2018-09-15更新の日記image
「思い描いたとおりの家を自分で作る」そんな思いを叶えるため、注文住宅に誰もが一度は憧れを持つかもしれません。テレビで、有名建築家がリフォームをしたり、家を建てたりしてくれる映像を見ると、いつかは自分も、と思うで
平成30年9月16日新着!
そもそも値段が圧倒的に違う
2018-09-16更新の日記image
次に問題なのがコストです。具体的にはどの程度のお金があればいいのでしょうか。今、注文住宅を建てたいという人の場合、半数が土地の購入からスタートしますので、土地代も含めて見ていきます。郊外、たとえば、埼玉県の大宮
平成30年9月17日PICKUP
住宅を販売している会社にも、いくつかの種類がある
2018-09-17更新の日記image
「建売住宅購入までの6つのステップ」で、買う側はあまり重視していないけれど、住まい選びで公開しないために見落としてはならないポイントがあります。物件の問い合わせ先には、主に、「仲介業者」と、施工している会社が直
平成30年9月18日更新
「直接仕入れ、直接施工、直接販売」はコストパフォーマンスが高い
2018-09-18更新の日記image
ひとくちに住宅会社といっても戸建住宅を扱う会社にはいろいろなパターンがあります。・土地を仕入れて、施工もして、直接販売をする会社…つまり「直接仕入れ、直接施工、直接販売」まで一貫して行っている会社。「ハウスビル
平成30年9月19日最新情報
土地も建物も知り尽くしているから安心
2018-09-19更新の日記image
「直接仕入れ、直接施工、直接販売」を行っている会社で購入するメリットを、コスト以外の部分で見ていきます。<よりよい住宅環境が得られる>建築、販売まで行う会社が直接土地を仕入れるということは、どういう土地であれば
平成30年9月20日NEWS
引き渡しの際にきちんと書類一式を渡す業者かどうか
2018-09-20更新の日記image
一般的に、家を引き渡してもらう際には、建築確認申請書など、さまざまな書類をもらいます。ただ、中にはきちんと書類をそろえない会社もありますので注意が必要です。たとえば、建築確認申請書の提出は義務ではありません。最
平成30年9月21日新着!
家の履歴を残す
2018-09-21更新の日記image
どんな家であっても、住み始めて何年かすると、何かしら不具合が生じることがあります。また不具合がなくても、生活に合わせてリフォームをしたくなることもあります。そんなときに役立つのが、建築確認申請書をはじめとする「
平成30年9月22日PICKUP
家歴があれば、リフォーム時も安心
2018-09-22更新の日記image
家歴があると、後々の修繕や改築の際に、コストを抑えることができます。たとえば、「流し台を交換したい」という場合。「交換したい」とひと言でいっても、流し台には吸水管や配水管があって、住宅によって配置が違います。家
平成30年9月23日更新
たくさんの物件を見て回り「見る目」を養う
2018-09-23更新の日記image
インターネットなどで一通り間取りなどを見て、気になる物件があれば内覧をするのが一般的な家探しの流れですが、その際に注意することは、仲介業者の手の内にはまらないことです。仲介業者は、1日に何軒も内覧に回ってくれま
平成30年9月24日最新情報
住みやすさを第一に営業担当者が対応してくれるか
2018-09-24更新の日記image
信頼できる住宅会社かどうかを見極めるときに一番の判断材料になるのは、やはり接する機会が多い営業担当者の対応です。ある人は、超一流のハウスメーカーで家を買ったけれど、営業担当者が変わった段階で、「高い買い物をして
平成30年9月25日NEWS
建物を見て会社の良し悪しを判断することもできる
2018-09-25更新の日記image
たとえば、ALCパネルという外壁材があります。この使い方で、どんな住宅会社か判断できます。Aのような納め方をすると、地震がきたときに壊れやすい家になり、Bのようにすると頑丈になります。もう少し詳しく説明しましょ
平成30年9月26日新着!
住宅会社は10年保証をすることになっている
2018-09-26更新の日記image
住宅は一生に一度の高額な買い物。せっかく買った住まいに大きな問題や、生活に支障をきたすような欠陥があっては大変です。こうしたトラブルが起きないように、また、万一起こった際には、紛争を速やかに処理できるよう「住宅
平成30年9月27日PICKUP
万一住宅会社が倒産しても保証はされる
2018-09-27更新の日記image
では、万が一、業績が悪化して家を供給した住宅会社、つまり、売り主が、欠陥を直すまでの財力がなくなっていたり、あるいは倒産したりしたら、保証はどうなるのでしょうか?私のところにも、『新築の家を3年前に買ったが、建
平成30年9月28日更新
強い家、守る家.医療型
2018-09-28更新の日記image
選ぶ側からすると、どこが本当に「地震に強い」のか、判断に迷うところです。もしかしたら、地震の程度によっては、少しだけ「地震に強い」だけでも、災害をクリアできるのでは・・・・・・という考えも、頭をよぎります。そん
平成30年9月29日最新情報
消賞者の性能志向。さまざまな事業者の参入
2018-09-29更新の日記image
住宅性能表示制度は、消賞者の性能志向を促し、過剰な性能要求につながるのではないかという懸念がささやかれています。しかし、その懸念をなくすためには、設計者がこのような説明をして説得するしかないのです。制度上では最
平成30年9月30日NEWS
認知症型、資産価値の高い部屋。
2018-09-30更新の日記image
■認知症型(認知症ニーズ)  新しい発想の高専賃で、グループホームと同様の役割を担っていくタイプとして期待されています。市町村のグループホームの開設枠に制限がある場合、小規模な高専賃で実践されるケースが多いよう

このページの先頭へ